新築エアコン工事ご来社相談

Welcome to our Office

新築エアコン工事は直しのきかないファースト工事が非常に大切です。なにごとも「備えあれば憂いなし」、ご来社相談で密に打ち合わせをして後悔のない工事をしましょう。

図面の早い段階でエアコンやアンテナ工事の打ち合わせをすることで、ハウスメーカーさんと協力して創意工夫ができ非常に効率的、経済的な工事が可能となります。

ハウスメーカーさんや設計士さんであっても「エアコン工事」に精通している方は少ないため、エアコン設置場所がとても非効率なことが多々ございます。そのため、お家が完成し、いざ工事をする際になって「ここにエアコンを取り付けるのはあまりにも無責任では…。」ということがございます。そのようなことで運悪く知らず知らずのうちに非効率な工事や手抜き工事をされてしまう方が後を絶ちません。決して「図面指示のエアコン設置場所」が最善ではございませんのでくれぐれもお気を付け下さいませ。特に都内狭小住宅の場合は図面指示通りにはいかないことが多々ございますので細心の注意が必要です。

また、ハウスメーカーさんによる工事は下請け業者さんによって行われるため金額も割高になる上、基本的にハウスメーカーさんの指示のもとで行われるため安心はできません。担当する下請け業者さんによっては工事の手順も使用する部材すら異なりますので「ハウスメーカーさんのエアコン業者さんだから安心」とも言えないのです。

実際にエアコンを取り付けた後になって「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、図面段階からの密な打ち合わせは大変おすすめです。

よくある失敗事例

既存の図面指定位置ではエアコン効率が非常に悪くなる上、工事方法にも無理が生じてしまう場合が驚くほどございます。中にはご新築の引き渡しが終わってから再度「足場」を組まないと工事ができない場合もございます。

「お家ってエアコン工事のことも考えて設計されてるんじゃないの?」と思うかもしれませんが、基本的にハウスメーカーさんや設計士さんであってもエアコン工事について詳しくはないため安心とはいえません。ご来社相談では長年の経験によるプロの目線と女性の目線で、新築専門エアコン職人だからこそできるご提案をさせて頂きます。

新築エアコン工事で特に気をつけるべき事例として以下の項目をご参考下さい。

1. エアコンを設置する前に穴をあけてしまっている

→お部屋の間取りに対してエアコン効率や外観が悪い位置であっても、その穴位置に合わせて室内機を取り付けなければなりません。こうなると工事も非常に複雑になる場合がございます。

2. 室内機を設置するスペースが狭い

→小型タイプのエアコン機種を選定するか、設置位置を変更しなければなりません。カーテンレールを取り付けすることを考えると、エアコンが設置できなかったり、カーテンレールを加工または設置しなおす必要がございます。

3. エアコン専用コンセントの位置が不適切

→エアコン一台につき必ず専用コンセントを使用しなければなりません。専用コンセントの位置によってはエアコン効率や外観が非常に悪くなるため、コンセントを適当な位置まで移動して室内機の設置位置を変更しなければなりません。

4. 室外機を置く場所が狭すぎる

→狭いスペースに室外機を設置すると風が抜けず運転が停止したり故障の原因となりますので、「風向調整板」を取り付けたり、設置場所を変更する必要がございます。

新築エアコン工事はとにかく直しのきかないファースト工事が大切です。上記のような失敗をしないためにも、一度図面が出来上がった段階でエアコンの設置位置や容量選定などのご相談をして頂けますと、事前にハウスメーカーさんと協力して色々と創意工夫ができるためお客様のご希望通りの工事をすることができます。

メールやお電話にてお客様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。
※お電話は平日(月〜金)9:00〜17:00の間承っております。

新築専門工事「エアコン職人」お問い合わせ

新築専門エアコン職人の工事内容

工事内容、料金をさらに詳しくご説明

7つのお約束

新築専門エアコン職人は社長自身の失敗から、お客様には自分と同じような経験をさせたくないという決意によって創られました。弊社の一番の強みは『100%自社見積もり・自社工事』。お客様の不安を「感動」にできる工事と、しっかりとしたアフターメンテナンスをさせて頂けるよう日々精進して参ります。

他社との違い

お客様のご新築、間取り、ライフスタイルに合わせたご提案。経験豊富な職人の高い技術力。「美しい仕上がり」の工事はもちろんのこと、お家本来の機能性である「気密性」「断熱性」「耐震性」をそこなうことのないよう施工します。

料金プラン

「安物買いの銭失い」と言います。「安い」工事内容には、それ相応の理由が必ずあります。新築の工事は直しのきかない「ファースト工事」が大切。一生のご新築だからこそ、お客様にとって「これだけはゆずれない」条件を考え、その価格と内容を照らし合わせて下さい。