社長挨拶

新築専門エアコン職人 運営会社 THS
代表取締役 鈴木 宏子 ご挨拶

THS代表取締役 鈴木 宏子

昔とは比べものにならないくらい便利になった現代。
ものは豊かになりましたが、心はどうでしょうか。

昔の人は誰も見ていないからとはいえ、「お天道様は常に見ているからバチが当たるよ。」と、目に見えないものを尊び、自分を律する豊かな精神性がありました。けれど、現代は匿名で人の悪口を書き込んだり、人を騙そうとする心の貧しい人々がいる時代です。昔の人なら「恥を知れ」と言うような考えられないことでした。

食べ物はお湯を注げばすぐに出来上がり、乗り物は何日もかけて行く場所が今では数時間で往復でき、買い物はお店に行かなくてもワンクリックで欲しいモノが手に入る時代です。テレビのCMを見ていても学習教材までもがスピード教材、食べ物や勉強までもがインスタントな世の中になってしまい、どこかそっけなく虚しさを感じるのは私だけでしょうか。

テレビ電話なんて昔ではSF映画の世界。けれど、現在ではそれが当たり前の時代です。一見便利になり人々の生活は豊かになったように思えますが、私はそれと引き替えに現代人はどこか冷たいロボットのように、思いやりや心のゆとりといった「本来の人間らしさ」を失ったように思えてなりません。

「幸せな人は意地悪をしない」と言います。物質的に豊かな現代で本当に幸せな人は果たしてどのくらいいるでしょうか。ものは豊かになり便利になったけれど、そんな時代だからこそ「温故知新」を忘れずに、古き良き時代の先達が大切にしてきた「目に見えないものを尊ぶ精神性」や「心の豊かさ」を取り戻さなければならないと思うのです。

たとえ物質的に豊かであっても、人間の本来あるべき姿というものを一人ひとりが考え直して行かなければ、これからの日本の将来は不安なものでしかありません。政治家や都知事でさえ、果たして本当に日本という国を考えている人はどのくらいいるでしょうか。そんなふうに思うほど今の世の中、強い不信感や不透明感の中にあると思えてなりません。食品偽造や不正領収書問題、業界問わず様々な分野で詐欺まがいなことが横行し、社会問題になっているほどです。

私たちの関わる建築業界でも他人事ではありません。

お客様から様々なお問い合わせを頂きますが、中には手抜き工事をされたり、法外な金額を請求されたというのは日常茶飯事です。仕事を通していつも思うのは、世の中全体が不信感と不透明感に覆われていて、「何が信用できて何が信用できないのか」「なにが正しくて何が悪いのか分からない」、まるで混とんの世界にあるかのようです。

古き良き時代とは違う、こんな世の中に変えてしまった諸悪の根源、それは物質が豊かになったことにより、人々の考え方が知らず知らずのうちに「インスタント思考」になってしまったことだと思うのです。私はそんな混とんの世の中だからこそ「自分さえ良ければそれでいい」ではなく、「情け人のためにならず」、人の痛みが自分の痛みのように思える「思いやりの心」が必要だと思うのです。

たとえ小さくとも、暗闇を照らす光となるべく、常日頃から思いやりの心を持つことが大切であると強く信じています。マザー・テレサは「平和はあなたの足元から始まります。」と言っているように、まずは一人ひとりが足元を照らす光にならなければ、世の中は決して良くなりません。

物質中心主義のインスタントな世の中だからこそ手間暇を掛け、真心を込めることが大切だと思うのです。「自分さえ良ければそれで良い」というような、平気で人を陥れられる貧しい心をした人がいる世の中だからこそ、お客様の気持ちに真摯に寄り添う心や、「他人の幸せは自分の幸せ」と思える豊かな心を持たなければならないと思うのです。

私たち「新築専門エアコン・アンテナ職人」では手間暇長い時間をかけて工事を行います。

昔はお米を炊くにも薪をくべ、火加減を調整しながら手間暇かけてごはんを炊いていました。昔のごはんは時間がかかった分、電気釜とは比べものにならないくらいおいしかったのを今でも忘れません。昔の人は洗濯もお風呂も、何をするにも手間暇がかかりましたが、その分インスタント世代にはない「思いやり」や「心のゆとり」といったものが知らず知らずのうちに熟成されていた気がします。

現代はお金さえ払えばなんでもすぐに手に入る時代です。なにか注文すればすぐに届き、少しでも遅れようならば他人の気持ちや都合などお構いなしにクレームが入る、そんなインスタントな世の中です。私はかつて実家をリフォームしようとした際、「安くて高品質、早いのにしっかりとした工事!」というような、今考えたらおかしなことをうたっている大手業者さんに工事を依頼したことがあります。

案の定手抜き工事をされ、驚くような金額を請求されて精神的に疲れ果てた経験があります。大きな会社だろうが小さな会社だろうと関係ないのだなと、身をもって勉強できたのです。今ではそのトラウマのおかげでお客様の気持ちが自分の気持ちのように思えるようになり、「私のような経験をお客様には絶対にさせたくない」という強い気持ちから新築専門のエアコン・アンテナ会社を設立することになりました。

いざエアコンやアンテナの工事をお願いしたくとも、「どこに頼めばいんだろう…。」「映ればいい」「動けばいい」の工事は短時間で終わらせることができますが、それは単なる「インスタント(手抜き)工事」でしかありません。貫通スリーブを入れなくても、配管穴やビス穴にコーキングをしなくてもエアコンは動きます。けれど、「気密性・防雨性」は失われます。このようなところは完成してしまえば見えなくなってしまいますので、お客様自身でそれを確認することはできません。

新築専門エアコン・アンテナ職人はお客様の「大切な財産を守る」ために、材料と手間を惜しむことは決していたしません。 お客様の一生をかけた大切な宝物を守ることが、私達「新築専門エアコン・アンテナ職人」の義務と誇りと考えております。 「新築専門」という看板を大切に、私たちが長年培ってきた技術と経験を最大限発揮すべく、毎年変わるエアコンや日々進化する建物の構造・工法・材質を研究し、お客様のご新築に合わせていつでも最善の工事ができるよう努めております。 お客様のご期待を裏切るようなことは決してございませんので安心してお任せください。

社長サイン