量販店さんや引っ越し屋さんのエアコン標準工事

近年人気のある「リビングイン階段」や「吹き抜け」などがある23畳のLDKは天井が高い分、26〜29畳用のエアコン容量(8.0~9.0kg)がおすすめです。

それでは9.0kgのエアコンを取り付けることを前提に、新築専門エアコン職人と量販店・引っ越し屋さんの標準工事内容を比較してみましょう。

※量販店・引っ越し屋さんの工事料金は必要最小項目なため非常に安いですが、ご新築によっては割高になる場合がございますのでお気を付け下さい。

標準工事内容 新築専門エアコン職人 量販店 引越業者
配管(4m)
配管(4m)
追加料金 追加料金
配管カバー(2m)
配管カバー(2m)
追加料金 追加料金
耐久性ドレンホース(4m)
耐候性ドレンホース
×
※一般的なプラスチック製ホース
×
※一般的なプラスチック製ホース
電気配線(4m)
電気配線(4m)
明記なし 明記なし
穴あけ
穴あけ
追加料金 追加料金
貫通スリーブ
貫通スリーブ
追加料金/× 追加料金/×
貫通部コーキング
貫通部コーキング
× ×
水漏れ確認
水漏れ確認
× ×
ガス漏れ確認
ガス漏れ確認
× ×
開口部パテ処理
開口部パテ処理
カバー色分け仕上げ
カバー色分け仕上げ
× ×
ビス箇所カーキング
ビス箇所コーキング
× ×
ヘッドコーキング処理
ヘッドコーキング処理
× ×
端末処理
端末処理
追加料金 追加料金
虫除け処理
虫除け処理
明記なし 明記なし
プラ台
プラロック
× ×
真空引き
真空引き
× ×
防振ゴム
防振ゴム
× ×
ガス漏れ防止材塗布
ガス漏れ防止材塗布
× ×

弊社の標準工事内容は「新築工事10,000件の経験」や「建築士やハウスメーカーの依頼」から生まれたものです。

近年、省エネ住宅やZEHなどの機能性住宅の普及に伴い、お家の構造や建材は日々進化しています。人と同じようにご新築も断熱性や気密性、立地条件や間取りによってその性能や個性は千差万別です。

弊社の標準工事内容はどんな機能性住宅にも対応できるよう研究が重ねられた内容となっておりますので安心してお任せください。

お客様の大切なご新築の「気密性」「断熱性」「虫の侵入防止」といったものを考えた場合、上記のエアコン工事内容は絶対に必要不可欠なものです。

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」と言います。弊社の長年の経験である「歴史」から学んで頂けましたら幸いです。また、「安物買いの銭失い」というように、安いには「安いなりのわけ」が必ずございます。新築エアコン工事はとにかく直しのきかないファースト工事が非常に大切です。

今このホームページをお読みになっているお客様は、安いエアコン工事が原因で後悔なさらぬようくれぐれもお気をつけ下さい。

量販店さんや引っ越し屋さんのエアコン標準工事

量販店さんや引っ越し屋さんのエアコン標準工事

量販店さんや引っ越し屋さんの工事は必要最低限の内容なため料金を非常に安くおさえることが出来ます。

・とにかく安く工事をすませたい!
・エアコンは普通に使えればOK!

という方にはおすすめです。

Demerit

その反面、容量の大きいエアコンを設置したり穴が既存であいていない場合など、細かい追加料金によって実は割高になる場合もございます。

以下の3項目には要注意です。

(1)追加料金
(2)工事内容の曖昧性・不透明性
(3)サービス・技術の格差

が挙げられます。

(1)追加料金:工事内容が必要最低項目なため「ご新築の機能性や外観を考えた工事」を行うには割高の追加料金が必ず掛かってきます。
ご新築の外壁色や構造に合わせて工事を行うには、どうしても手間暇時間が掛かり、部材の種類や特殊部材も必要となるからです。

(2)工事内容の曖昧性・不透明性:エアコン業者さんに見積もりに来て頂いたら、窓口の説明と全然違っていて驚いたというお客様も大勢いらっしゃいます。
また、担当する下請け業者さんによってサービスやメニュー、使用部材が異なるため、窓口で具体的な説明をして頂けない場合がございます。

上記のようなことは、業界の仕組みに起因します。

(3)サービス・技術の格差:エアコンを「販売するお店」と「下請け業者さん」はそれぞれ分離しています。下請け業者さんは二次請け三次請け、時に四次請けと、様々な下請け業者さんが入り混じっているため、それぞれ常備部材も異なり技術やサービスに違いが生じるのです。そのため、店員さんは下請け業者さんを基本的に把握していないのが現状です。お店側で具体的な料金詳細、工事内容の説明ができないのはこのためなのです。よくお客様から「どこそこのエアコン工事は質が悪いんです。」とお聞きしますが、数ある下請け業者さんの中でたまたま運悪くそのような業者さんに担当されてしまっただけで、もちろん時と場合にもよりますが、そのお店や引っ越し屋さんが悪いということでもないのです。

上記のような仕組みから店員さんは工事内容を詳細に把握できないため、どうしても下請け業者さんに工事の説明からお見積もりを委託することになります。お店やサービスセンターに電話して具体的な工事内容や料金詳細を問い合わせてもはっきりとした返答を頂けないのはこのような仕組みによるものなのです。

また、割高な追加料金はお店や元請け業者さんにマージンを支払わなければならない下請けエアコン業者さんのことを考えると当然と言えます。

下請けエアコン業者さんたちにも家族や生活がありますので、必要最低限の工事だけでは採算が合わないのです。

このような方にはオススメできません。

・お家の気密性、断熱性といった機能性を考えてほしい。
・新築に合わせて綺麗な工事をしてほしい。
・手抜き工事が心配
・素人なのできちんとした工事の説明をして欲しい。
・メーカー推奨の工事方法で施工してほしい。

新築専門エアコン職人の標準工事要項

提案力

提案力

エアコン選定は意外と難しく、選定に失敗すると結局余計に費用が掛かってしまうことがございます。

以前、「暖房が全然効かないんです…。」というお問い合わせを頂き、点検にお伺いしてみるとリビングでコートを着たお客様がいらっしゃいました。

点検の結果、エアコン本体には問題なく、エアコンの容量が不適切だったのです。お客様も、 「量販店の店員さんのアドバイス通りに購入したのに…。」 と、泣く泣くストーブを購入することになってしまいました。冬はストーブでまかなえますが、夏はそうはいきません。

夏には「エアコンから冷風は出ているのですが、部屋がまったく冷えないんです…。」というご相談を頂きます。

吹き抜けや階段があったり、窓が大きく日当たりのよいお部屋はエアコンの容量に気をつけなければいけません。

エアコンを選定する際は「畳数」だけではなくお部屋の構造や立地環境によってエアコンを選定します。「キッチンに風がくるようにしたい。」「寝室は風をあびたくない。」など、お客様のライフスタイルやお部屋の条件によってエアコンの容量や設置場所は異なります。

弊社はお客様のライフスタイルやご新築に合わせてエアコンの選定から設置場所、また、将来のエアコン交換までトータルに考えてご提案させて頂きます。

図面指示場所が必ずしも正しいとは限りません

基本的にハウスメーカー様や設計士さんであってもエアコン工事に精通している方が少ないため、お家が完成し、図面通りにエアコンを取り付けようにも非常に非効率であったり、設置できないなどのケースが多々ございます。(※特に注文住宅の場合には細心の注意が必要です。)

そのため、図面の指示場所が必ずしも最善とは限りません。室内機の設置場所を工夫すれば、室外機の設置場所も変えることができますし、エアコン専用コンセントを移動すれば室内機の設置場所も変えることができます。

実は余程のことがない限りアイディアと創意工夫によってエアコンは設置できるものです。

一番理想なのは、図面の段階である程度エアコンの位置を決めておくと、ハウスメーカー様で専用コンセントや排水溝を用意して頂けますので経済的、効率的に工事ができます。

技術力

技術力

(1)穴あけは絶対に「失敗しません」し、筋交いや柱を抜かないとエアコンが取り付けできないということは絶対にございません。ダブルで筋交いがある場合でも、柱と筋交いをさけてミリ単位でピンポイントに穴あけすることができます。これには建物構造の知識と長年の経験がものをいいますが、このような高度な技術力がないと外観を重視したエアコン工事は決してできません。

(2)配管カバーを設置の際、段差や雨樋をかわすために蛇腹などの既製部材を使用するのが一般的ですが、弊社は障害物に合わせて手作業にてカバーを加工、設置することを基本としますので、外観や耐久性は既成部品に比べてはるかによくなります。

(3)気密性、断熱性に優れた機能性住宅も、工事のやり方によっては一瞬にして台無しになってしまいます。魔法瓶に一ミリでも穴があいたらどうでしょう。お客様の一生の宝物であるご新築に穴をあけるということは、実は非常にリスクがあることなのです。

弊社では日々進化発展するご新築の機能性を損なうことのない工事をすべく日夜研鑽を重ねております。他業者さんに断られたエアコン工事、他業者さんが取り付けたエアコンの手直し工事など、様々なご依頼にお応えできるのも新築工事10,000件の実績があるからこそです。

お客様への想い

家族団欒

平和は家庭から始まります。 大人も子供も安心して暮らすためには、家族が笑顔で生活できることが一番大切だと私たちは信じております。 家族の幸せを育む新築のお家はとても高価な財産です。

お家に穴をあけるエアコン工事。ときに手抜き工事によって訴状にまで発展し、せっかくの明るい新築ライフが台無しになることがございます。

だからこそ、私たちはお客様の「一生の宝もの」を本物の技術力で守り、「家族円満」の幸せの輪を広げるべく努力は決しておこたりません。

「新築専門」という高度な技術と経験を要するハイリスクな看板を掲げ、 新築工事を通してお客様に安心・感動・幸せをお届けできるよう日々一人ひとりが信念とプライドを持って工事を行います。

新築専門工事「エアコン職人」お問い合わせ